もろもろの好きについて

ふきでもののような人間が舞台の感想を書いたりします ※2018.10 King&Princeの岸優太くんに嵌りました→2019.5 Travis Japan勉強中です→2020.8 Aぇ!groupも最高やん…

はじめての帝国劇城

ダンス・オブ・ヴァンパイア」11月13日昼@帝国劇城

f:id:dedden:20151113194235j:plain
念願のクロロック城へ。2011年に観劇できなかったことが心残りで再演を待ち望んでいた作品。ロビーでリー君にお会いできた時点でとても嬉しかった。海外版の資料と日本版CDでストーリーや楽曲は身体に染み込んでいたので、overtureで鳥肌…TdVは曲がほとんどかなり好きで個人的ミドコロ山盛りなせいか、3時間を3時間以上に感じた。
そして曲に限らず、わたしやっぱりTdV好きだわ!と思いましたの。初見だと「ナニコレ なんか楽しいけど何を伝えたいの??」って思ってしまうようなつくり。あっけらかんと高らかに、歌って踊って余計なことは考えさせず、しかし辛辣な皮肉の目線を感じるのだ。この作品を人にすすめるときは、楽しいから!!ストーリー気にせず感じて!!みたいな言い方をするけど、図太いテーマのもとにある作品だと思う。これはまた別のエントリーで書きたいな。あと2回観劇予定があるので、今回はセットや演出について言いたい放題に。

一言、なんてったって、ダサい!!!センスが合わないことは薄々気づいていたが。まず、伯爵のお召し物はどうにかならんのですか。とてつもなく胡散臭い。もっとこう、格調高く、さ?!と思ってしまうのは、私の思い描くヴァンパイアがエドガー・ポーツネルやアラン・トワイライトだからでしょうか。*1伯爵様のご趣味は理解し難く、お城の電飾はいよいよ笑ってしまいましたわよ。伯爵様ったらエレクトリカルパレード、もしくは紅白歌合戦の大御所のご風情で。伯爵様電飾好きなのかな^^翼で大仰に登場して驚かせたいのかな^^
その他も、セットはもっと重厚に厳しく作ってほしかった。宿屋2階建てじゃないんだ!とか。そこはかとなく漂うB級感も楽しいけどさ。気になったのは「夜を感じろ」のセットと演出がこじんまりしすぎたように感じたことだけど、2階席だったせいかな。1階で観るの楽しみ。それと、観劇して改めて思ったけど「愛のデュエット」は絶対フルでやるべきだと思います!!!!!!
ダンスは、お城へ駈け出す直前にヴァンパイアと踊るサラが美しくて見惚れちゃった。影武者さんのお名前を知りたい〜。わたし(特にストレートのお芝居に)コンテンポラリーぶちこむの嫌いで*2これはアレルギーみたいなもんだと思ってるんだが、TdVはストレスが無い!「抑えがたい欲望」のダンスがちょっと痒かったくらい。
以上、文句ばかりなのにそこも含めて非常に楽しかったです!今日はこれから平方神田ペアで観劇。いってきます。

*1:萩尾望都ポーの一族

*2:「竹林の人々」で踊りだしたときは ヤメテクレ…って白目むいてた