もろもろの好きについて

ふきでもののような人間が舞台の感想を書いたりします ※2018.10 King&Princeの岸優太くんに嵌りました→2019.5 Travis Japan勉強中です→2020.8 Aぇ!groupも最高やん…

1月の舞台、ぼそりと感想

あけましておめでとうございます。の挨拶が2月になってしまいました。私事、卒論や引越しを終えて一段落したので、文章になっていないアレコレの感想も書きたいのだけど、いつになることやら。2015年で心に残ったものをまとめると「松田凌」と「高校生の精一杯」を楽しんだ観劇だったかな。クロードと一緒に/墓場、女子高生/朝彦と夜彦/遠ざかるネバーランド にはひときわ煩いました。朝夜彦の感想は必ず書きたいと思いつつ、なかなか文章にならん。以下、1月に観た舞台の感想。

「ロボ・ロボ」1月23日夜@銀河劇場

ロボットたちを知り直した。玉城さんのアナライザーの足さばきがたまらん。あれほど体温のある言葉を放つ彼が、ロボットであることを、その機体の動きが延々と表明していた。切ない。初演と同様、まだ見つかっていない新種のいきものがたくさんあるんだ!とコックが語るシーンでどうにも泣ける。

「書く女」1月27日昼@世田谷パブリックシアター

見事に前売り券を取り損ね、3階席から立ち見で。舞台奥へとゆるやかにカーブを描く階段のセットは、上質な桐たんすのような風情で、なんとも品が良い。そう、全てにおいて上品だった。美術もピアノも和服も。そして、上品なのにツンケンせず、気さくでのどごしが抜群。お話は、樋口一葉の名前くらいしか知らない自分でも、入りやすくわかりやすい。黒木華さんが強くて美しい。日野*1で惚れた清水葉月さんの声には、やっぱし心をくすぐられる。思いがけず兼ちゃんが素敵でちょいと嫉妬。帰り道、いつもより穏やかな目で世界を見つめられるようになってしまうような作品でした。超満員に納得。*2

*1:「墓場、女子高生」

*2:実は体調が優れず途中外へ出たりしたので本当に悔しい。自らを恨む。もう一度観たいが叶いそうにない。